気仙沼市立小原木小学校6年生総合学習「小原木◯◯(まるまる)テーマパークMAP」

投稿: 2017年11月19日

気仙沼市立小原木小学校6年生総合学習「小原木◯◯(まるまる)テーマパークMAP」

2017年11月、今年度いっぱいで閉校を迎える気仙沼市立小原木小学校にて、総合学習の成果発表に向けてのマップづくりを行いました。

今回は気仙沼市唐桑半島で地域協育に取り組んでいる、一般社団法人まるオフィスと共に授業のサポートを行いました。

 

2018年3月で閉校する小原木小学校。最後の卒業生となる6年生が、これから先小原木がどんな町になってほしいのかを考えた結果「人と人がつながる町」にしたいとまとまりました。

自分たちが6年間過ごした小原木小学校の閉校後の有効活用を中心に周辺の資源を活かした、住民も外の人も足を運んでみたくなる「小原木◯◯テーマパーク」をMAPに落とし込みます。

 


まずはこれまでの授業で考えてきたことをおさらいします。

なにをMAPに入れていくのか書き出していきます。

そしていよいよデザイン制作スタート!

みんなで役割分担しながら絵を描いていきます。
時々先生のアドバイスにも耳を傾けます。

子どもたちが考えた小原木のご当地キャラも誕生しました。

みんなの学校での思い出を盛り込んだオリジナリティ溢れるキャラクターに仕上がりました。

自分たちが6年間ともにした学校を中心に、お店や地物の木材を使った遊具、新鮮な食材を購入できるショップや、大理石海岸などの観光地を有効活用するための歴史博物館などを盛り込み、1日の観光コースとしても考慮したマップが完成しました。


完成したMAPは校内の発表にとどまらず、海洋サミットやまちづくり協議会など様々な場所で多くの方々に目にしていただきました。
閉校式の際には参加いただいた方々にも配布しました。

また、小原木公民館にも設置させていただき地域住民の方々にも目を通していただいています。