箱根山デザインスクール〜アジアのデザイナーとのデザインセッション〜

投稿: 2019年4月6日

こんにちは!

pensea Next Switchのこんのです。

2019.3.23に岩手県陸前高田市の箱根山テラスなどで開かれた「箱根山フェスティバル」内で子どもデザインワークショップを開催しました。

ーーーーーーーー

「箱根山フェスティバル」は毎年夏にNext Switchもご一緒している「DOOR to ASIA」と「三陸国際芸術祭」の関連イベントとして開催されました。

アジアの各国のデザイナーやシェフ、地元の人々や食材をつかったお祭りです。

ーーーーーーーー

Next Switchでは2017年と2018年の夏に開催されたDOOR to ASIA期間中に、海外のデザイナーと地元の子どもたちによるデザインワークショップを開催してきました。(2018年のレポートはこちら

そういった経緯から、今回の「箱根山フェスティバル」でもデザインワークショップを開催することになりました。

Next Switchがこれまで開催してきたデザインワークショップはiPadPCなどのデジタルツールを使用したものがほとんどでしたが、今回はとてもアナログなワークショップです。

地元の子どもたちと、アジアのデザイナーがチームをつくり「未来まちをつくろう」がお題でした。

準備されているのは巨大な白地図と粘土やクレヨン、松ぼっくりや木の枝など様々な素材です。

これらの素材を使って3Dのレイヤを重ねながら、立体的なマップをつくるのが今回のミッションでした。

通訳さんはいるものの、言葉が通じない海外のデザイナーと子どもたちが手を動かしながらコミュニケーションをとります。

最後は各チームの地図を合体させて一つのまちにして完成です。

コミュニケーションの方法は言葉だけではないと改めて体感できる機会となりました。

今回は13人の子どもたちが参加してくれました。